社会人にとって中国語を学習する意味と独学のススメ

未分類

日本人にとって中国語学習に意味はあるのか?

と、学習する前には皆考えてしまうものですよね。

全然中国語がまだできるようになっていない私が説得力もない状態で書いてみます。

(これから勉強して、堂々と言えるようになりますのでそれまでは。。。)

できるようになれば絶対に自分のプラスになると思っています。趣味としてと言うよりもキャリア的な観点から考えていきたいと思います。

世界の人とコミュニケーション取る場合、当然ながら英語が最も重要だと思います。最初にやるのであれば英語をすべきという意見は真っ当だと思いますし、正しいと思います。

しかし、英語がそこまで得意でないとか、もう英語を勉強したくないと言う人には語学の選択肢として中国語を検討するべきではないでしょうか。

中国語の学習のススメとしてよく言われるのは「日本人は多くの漢字をすでに知っているから勉強し易い」とか「文法が複雑ではない」とか「そもそもできる人が多くないのでできたら価値がある」とかまあいろいろあります。

個人的には「話せたらかっこいいやん(モテる)」「中国系の友達を作るぜ」「中国とビジネスして稼いで年収をガンガンあげる」などあまり真っ当でない理由で始めてますが、そんなもんでもいいと思うのであります。

日本人にとって中国は絶対に避けて通れないと思う(仕事の観点から)

ちょっと真面目な話。

ここ近年の日本の経済の状況を見ると、やはり中国と日本の経済における結びつきは強くなってきていると言わざるを得ません。中国系企業進出がやはり増えてきているのであります。


中国に進出していている日本企業と日本にやってきた中国企業

逆に中国に進出している日本の企業が増加傾向にあるのも明白な状況です。

また一方で結構な大手の企業も中国企業傘下になっている時代です。

よって、現在日本企業に勤務している人であってもいつ何時親会社が中国企業になって、クビを宣告されるようなことになるかわかりません。

そんな危機に対して備えるべきなのかという意見もあるかもしれませんが、自分の雇用を自分で守るための一つの手段として中国語力があることは生存確率をあげる一つだと思うのです。

中国企業に買収された主な日本企業・事業

出所:https://maonline.jp/articles/acquired_by_chinese_companies2020

中国に拠点を置いている日本企業の数

ここ数年は横ばい気味になっていますが、やはりそれなりの数の企業が進出しているようです。

最近はASEANに拠点の数が増加中と記事にも書いてありますね。

ASEANも中華系が多い国が多いので、中国語ができることにこしたことはありませんね。

出所:https://www.sn-hoki.co.jp/articles/article358702/

以上のようにいいか悪いかは別として、やはり中国との関係が今後ますます重要になっていることは間違いないようです。

たとえ中国が嫌いやと言う人であっても、中国語を学んで相手の国のことを徹底的に分析するべきかなと思っております。

ミドルになった日本人ビジネスマンとして、新たに中国語の学習をしてキャリアアップ(年収アップ)を目指す

専門性(今までの経験)との掛け算

今までどんな分野であれ仕事をしてきた人にとっては今までの仕事に中国語スキルを掛け合わせることで更なる人材の価値を高めることができると考えます。

例えば、

「メーカーで技術開発している人」×中国語

「ITベンチャー企業で営業している人」×中国語

「看護師資格を持っている人が」×中国語

「飲食関連を経営している」×中国語

「建設会社で勤務」×中国語

「芸能関係で活躍」×中国語

などなど

活躍できる世界が確実に広がると思います。

この考え方は元リクルート、元校長さんの藤原和博さんの考え方「3つのキャリアの大三角形」を参考にしています。

中国語関連の仕事をまだしていない人こそ、中国語スキルを獲得すると、活躍フィールドが格段に広がると思っています。

希少性(英語が話せる日本人対中国語が話せる日本人)

自分の身の回りにいますでしょうか?仕事にも使える中国語スキルを持っている人。

あまりいなくないですか?

その時点で希少性が高いと言うことが明確に言えると思います。僕は今まで知り合ってきた日本人で中国語がすごく上手くなって活躍している人を人生でまだ二人しか知りません。英語は一方で比較にならないくらい結構います。

やはり、まだ自分自身の感覚値ですがまだまだ数が少ないんじゃないかと思うのです。

と思っていたら発見しました、資格試験の受験者数の推移です。

TOEICとHSKの受験者数の比較してみました。中国語の検定試験には中国語検定とHSKと言う2種類の試験がありますがここではHSKと言う資格試験の情報を取りました。

TOEIC受験者数

2020年度 TOEIC Program総受験者数は約169万人|プレスリリース一覧|IIBCについて|IIBC

HSK(中国版TOEIC的なもの)

HSKとは | HSK 日本で一番受けられている中国語検定
中国語検定「HSK」公式サイト。インターネットからの試験申込を受付。HSKは中国政府公認で世界基準の中国語資格だから就職や昇進に有利な資格として受験者急増中です。

2018年のデータで見てみましょう。

はい、圧倒的に多いのがTOEIC圧倒的に少ないのがHSK!
桁が違います

TOEIC公開テスト年間121万人、HSK年間3.4万人です。

そう言うことです。全然まだまだ受験者が少ない、つまり希少価値が高い、つまり履歴書で目立つことができる。

2010年以降だいぶ増加してきているとはいえ、英語と比較すると本当に誤差の範囲。

中国語ができることが、目立つ方法の一つかもしれません。


市場性(日本の数倍もの経済圏)

国レベルの話になりますが、日本は2010年にGDP規模並びで中国に追い抜かれました。その差はどんどん広がっています。(下記のグラフ参照)

このトレンドはしばらく継続していくことでしょう。別に日本がGDPで3位になり日本はもうダメだと言いたいのではなく、経済的に日本は中国という国を使って日本もばっちり稼いでいけばいいのではという提案です。

GDPの国別推移

出所:経済産業省

将来性(食いっぱぐれない)

個人的なキャリアの考え方としては、常に仕事を見つけられる(雇用される)スキルを持っているかと言うのが根底にあります。

正直自分には独立や起業したりする勇気もなく、力もないので、やはり企業に勤めると言うのがまだ選択肢の優先順位一位なのです。

よっていかに転職市場においてモテるかと言うことを考えていかなければなりません。自分が好きかどうかよりも、周りからどう思われるかです。いかに応募者の中でキャラ立ちするか。その視点が大事だと思います。

自分がどれだけの値段で売れるか、そして日本人として自分を高く売るためのするための手段として中国語スキルは一つの選択肢になると思っています。

おそらくこれからの数十年の間、中国語の需要は低くなることはなく、高まり続けるだろうと予想しています。


翻訳ソフトの技術があることは、良いことですが、やはりリアルに人と人のコミュニケーションが取れることは本当に価値があるし、獲得した人だけが味わえる体験なのでしょう。

キャリア的な観点からも身につけた人は仕事にあぶれることなく、ご飯を食べ続けることができることでしょう。(中国語以外のスキルももちろん大事ですよ)



語学スクールに行くべきか、独学すべきか。私の戦略2022

さてじゃあどう学んでいくか?と言う話になります。

自分できっちり管理ができて、学習を進めることができるのであれば、個人的には独学でと思います。スクールに通うことのいい点は

  • スケジュール通りに進めやすく一緒に伴走してくれる
  • 授業料払っているので頑張ろうとする強制力がかかる
  • スクールにて同志を見つけることができる

ただ一方で、語学の習得は結局のところ時間の投入量であることも経験的に知っています。

よって、正しいやり方・方法と、学習のためのモチベーションを保ち続けることができ、時間を確保できれば、独学でも十分進めていけるのではと思う。と願っている。


大学受験業界では、最近は教えない塾(武田塾)が非常に評判になっているようです。

詳しいことは知らないのですが、目標(大学)に到達するための、参考書の選び方、学習方法、進め方などを教え、実際に授業はしないというスタイルのようです。

アドバイザーに徹するスタイルですね。

確かに非常に説得力があります。やり方やツールを仕入れることができたらあとはひたすら脇目も振らず学習時間を投入し続けるのみであると言う割き切りが素晴らしい。

ツールで悩むことがなくなれば、あとは筋トレと同じように毎日コツコツと続けていき、負けないようにしていくことでしょう。

そう言う意味では、語学学習もペースメーカーや自分の学習モチベーションとの戦いとも言えますね。

一人でやるだけでは厳しいと言う人はオンラインでもオフラインでもいいので、一緒に勉強する仲間を募るのも一つの方法でしょう。

一人でコツコツと続ける方が好きと言う人はそれでもいいと思います。

いずれにせよ、中国語ができるようになりたいという火を消さずに日々毎日頑張れるような仕組みづくりが大事だということですね。

中国語の勉強方法についてはこの本を参考にしようと思っています。








スピーキングなどのアウトプットについては知識を大量に詰め込んだ後に

スピーキングについては単語や文法の知識がそれなりに入ってきてから始めればいいかなと思っているので、一つの目安としてHSK4級に合格したことあたりからスピーキングを始めようかなと思っているくらいです。

中国語の知識がないと、オンラインレッスンなどを受講しても意味がないと思うからです。

ある程度の中国語の知識が頭に蓄積されてきた段階で、スピーキングなどネイティブスピーカーと話すような機会をどんどん持っていければ良いと思います。

頭から中国語の単語や文章をクイックに発するトレーニングはもう少し先に楽しみにとっておくようにします。

ネットでググるとオンラインの中国語会話がたくさんあるので、その中から選んでいきたいと思っております。



まとめ

  • 中国語のスキルは今後も必ず、仕事上で役立つ語学スキルである(と考えております)
  • 日本の転職市場にはそこまで中国語ができる人がいない可能性が高いので、逆に履歴書に書けると強いと推測しております(根拠はまだありませんが)。
  • 資格試験の受験者数はまだまだ英語に比較して少ないので、狙い目である。
  • マスターするためのやり方や方法をまずを学び、必要な道具を揃えたあとは徹底的に自分の時間を投じるに徹することを続ける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました