大人の英会話の習得に英文法は必要?

文法

英会話の習得に文法の勉強は必要? |英会話教室関連ニュース|オリコン顧客満足度ランキング

英会話の習得に文法の勉強は必要? 英語を学んでいると「英文法が分からない」、あるいは「英文法が苦手」といった悩みを持つ人も多いだろう。今回は、英会話を習得するのに文法の勉強が本当に必要かどうかを踏まえながら、効果的な勉強法を紹介し…

英会話には英文法の理解が絶対必要!

英文法の理解は不十分な状態で、英会話の取得ができるか?

という問いに対しては明らかに

NO!

であるとわれは言っておきたい!!!ぅおーっ!

英文法は英語のルールと言えるので、ルールを無視して英語を使いこなせるようになることはあり得ないっす。

 

もちろん、気合で知っている単語を並べて、無理やりつなげて話したら、相手だって推測して気を使って理解してくれることもあるでしょう。

 

特に旅行の時などはそんなこともあるかもしれんですね

 

出川イングリッシュがいい例ですね

 

【初投稿】出川イングリッシュ

 

これはエンタメとしてはめちゃおもしろい

 

でもそれは英語の話せない日本人がなんとか意思を伝えようとしているんだなと軽く見られている場合もあるんじゃないかな。

 

全てではではないですよー。


正しい英語を上手く話してないだけで、それだけであなたはそれくらいの教養レベルの人なのねと勝手に解釈されて、下に見られることも。

 

そんな状態は悲しすぎる。。。


でもこれから英語を学んでいこうと思っている人には、やはり英文法は必要ない!

なんて思わず、正しい英語を話すための最低限の準備だと思ってしっかり吸収しておくべきだとぼくは思うわけです。


この記事でも書かれているように多くの英会話に使用される文法は中学英語でほぼカバーできることがほとんどです。会話の場合はむしろ不必要!

 

 

複雑な高校以上の英文法を口頭で話すのはスーパーハイレベルの英語スピーカーになりますね。


ですので中学英語の文法知識を発話レベルで使いこなせる人は日本においては上級レベルだと私は考えます。

 

それだけ中学英語をしっかり使えこなせる人は少ないということが言いたいのであります。


自分で話せる内容(コンテンツ)を持っていて、中学英語を話すレベルで使いこなせれば世界中どこにでも自分の思いや意思を英語で伝えられる人間に間違いなくなれると思います。し、僕もなりたいと毎日思っています。

 

「中学英語×自分の得意分野」で乗り切るシーンがこれからますますこれからの日本で出てくるのではないでしょうか。


話せる単語力は見てわかる単語力の10分の1!

注意しないと行けないのは、話す英語が中学レベルでいいからと言って読み(読解)の練習も中学レベルで止まってしまってたらいけないよということ。

 

英文読解や単語力に関しては高校レベルのものまでしっかりやった方が良いと思っています。


 

なぜなら、英語は

「見てわかる(読んでわかる)レベル」

「話せるレベル」

 

にはひじょーーーーーに大きな差があるからです。


話したいレベルの英語の10倍位の知識があって初めて、アウトプットのスピーキングが出来ると考えるくらいがちょうど良いんじゃないか思います。


たとえば、見て意味がわかる英単語を2000語知っているとしますよね。

この場合、自分から発信できる(話せる)英単語は200語未満であるというイメージです。


 

私としては10倍以上差があるのではと思うくらい、自分から発信できる単語って少ないと思います。

思った単語が話せなかったときに、なんでこんな簡単な単語思い出せなかったかなーとよく思います。

日本で英語を勉強した人はみんな思い感じていることでしょう。


口語レベルを高めるのは日本人でもとっても大変!

日本語も同じです。

新聞や雑誌に書かれていることは読めますが、新聞と同じレベルの単語を使って日本語話していますか?ということです。

なかなかいないですよね。

新聞レベルの内容を口頭で話せる人は相当教養のあるレベル高い人って思いませんか?


英語も「読んでわかる力」「話せる力」は全く別物で、めちゃめちゃ差があるということが言いたいです。

 

読んでわかるというレベルを経て発信できるレベルにやっと到達できるので、英語の知識インプット(特に単語)は出来る限り大量にしておくべきなんです。

 

今日はココまで

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました