初心者も中級者もオトナ英語は英検を活用して上達しよう!

TOEIC

勉強の進捗確認やご褒美はモチベーション維持に必要

モチベーションに繋がるなら、人参をぶら下げるのも大事!

勉強は何でもそうですが、指標や目印がないと続けるのって結構しんどいです。


単純ですが、「これに合格したら〇〇買おう!」「〇〇に行こう!」「〇〇食べよう!」なんでもいいです。

こんなご褒美を準備するのも一人で勉強をするためには大事です。


それとは別に進捗度合いを見える化するのも大事ですよね。

特に学生とは違って社会人になってからだと、大きな目標とそれを達成するための目印は自分で設定しないといけません。そのためには民間試験を活用するのがやはり一番良いと思います。


要は、英検やTOEICを定期的に受験するということです。




英検であれば合格したらステップアップしてることがモチベーションになるし、TOEICも点数が出るので、そこまで実力がついているということが言えます。


出来なかったときでも、まだ足りないということが確認できるという意味ではプラスです。


英検2級合格してからの展開はいろいろあるよ

英語に関していえば、バランスの良い4技能系試験(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)を選べば尚良しですね。

私のおすすめは受けやすさと教材の豊富さを考えて

英検です!


英検の勉強をしていれば、大学受験だろうが、TOEICだろうが、TOEFL・IELTSだろうが、ビジネス英語だろうが、すべての基礎かつ準備になります。


英検準1級や1級であればそれ自体が英語ができる証明になります。


とりあえずは英検2級までをしっかり抑えた上でいろんな方向に向かうのが一番おすすめです。ビジネスで使える英語を鍛えたいのであれば、そこからTOEICにチャレンジするなど、いろんな方向に展開できます。


TOEICのスピーキングとライティングは別試験になるので、試験代が別途かかるし、結構めんどくさいので余り好きじゃないんです。個人的には。


僕は英検をある程度勉強してから必要な人はTOEICを受けたらいいと思っているくらいです。(ほとんどの社会人はTOEICからやっている人がほとんどのような気がしますが)


時間のある人ばかりでもないと思います。むしろそんな人の方が少ないでしょう。期日が決められていて切羽詰まっているんじゃないでしょうか。


TOEIC何点以上取れ!みたいに、会社から課せられていている状況、多くのケースでありますよね。


そういう人は別です。徹底してとにかくTOEICで高得点を取る勉強に特化してやりましょう。スピーキングとかライティングなんかは完全無視です。


ただし、最終的に使える英語力を伸ばそうと思っているならばその後でもいいので英検に合格するような勉強を中心に据えるのが回り道のようで一番効果的だと考えます。


4技能が求められる試験を利用して英語力の底上げをしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました