高度外国人材への魅力欠く日本はアジアで最下位?

日本はアジアで最下位、高度外国人材への魅力欠く-IMD
人工知能やロボットを活用した「第4次産業革命」が進む中、先端分野の人材確保はますます難しくなりそうだ。

人口統計は社会の未来を表すと言われる。

 

日本みたいに20から65歳の生産年齢人口が減って行くことがわかりきっている日本では経済が何もしなければ衰退していくことは明らかです。

 

経済が成長するには二つしかない。

 

仕事の一人当たりの生産性を向上させる

 

生産年齢人口を増やす

 

人を増やすという観点から見ると、多くの女性に社会復帰してもらう、定年延長して65歳以降も長く働いてもらうなどあるが、経済を伸ばして行くことができる外国人高度人材が働くたくなるような環境づくりが大事だと記事は言う。

 

いかにして海外企業に来てもらってビジネスを日本でも展開してもらうかが国の競争力に影響する時代である。

 

日本に来た海外を阻む障壁があまりにも多すぎて、みんなうんざりしてしまうようだ。

 

このインタビューを読んで、なんで日本企業は古臭いのかと考えてしまった。

「だから日本は少子化だ」三菱UFJモルガンから休職命令を受けた幹部が激白
「これは江戸時代?と思いました。今の日本で、まさか自分がこんな目にあうとは思いませんでした。安倍政権が女性の活躍を促して少子化を止めようとしているの...

 

働く環境、生活する環境が日本で生活する海外の人だけでなく日本人にとっても充実していないのであれば、改善していかないと。

 

制度が現在の世界に追いついていないと言うことか。

 

短期滞在だったとしても外国人にとっても安心して生活して働けるような環境になることが、回り回って日本の競争力の一助になるのではと思うのだが如何でしょう?

 

優秀な人材を引き付けられない、国と企業はそっぽ向かれ、最終的には残念ながら滅びてしまうのだろう。

人口統計は社会の未来を表すと言われる。

日本みたいに20から65歳の生産年齢人口が減って行くことがわかりきっている日本では経済が何もしなければ衰退していくことは明らかです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました